留学にかかる費用

留学にかかる費用

留学にかかる費用 オーストラリアの高校留学の生活でかかる費用は、滞在する期間で大きく変わると言われています。1ヶ月くらいの短期留学では30万円~60万円要るのだそうです。1学期である3ヶ月では、80万円~100万円になり、2学期は120万円~200万円かかります。1年留学すれば、200万円~450万円と言われています。学校生活でかかるのは、入学金や授業料、教材費や制服代になります。滞在先の関連なら、ホームステイ費や寮費が必要でしょう。

その他、高校留学の食事代はホームステイの代金や寮費に含まれています。それ以外は、学校まで行くための交通費に自由に使うためのお小遣いが必要です。日本の高校に通いながら留学をする場合には、夏休みを使って1ヶ月間程の短期の留学がお勧めです。1週間だけの留学をする超短期留学ができることもあるでしょう。この場合には、費用は約20万円になり、大変お安くなるようです。公立か私立かでも代金は大きく変わります。

オーストラリアでの高校留学では事前に費用を準備しておくことが重要

オーストラリアでの高校留学では事前に費用を準備しておくことが重要 大学での留学では、費用面を考慮したビザを取得することがとても大切です。現地でお金を稼げる手段を持っておかないと、トラブルになったときに対応することができなくなる可能性があるからです。一方で、高校留学の場合には学生ビザを利用した高校留学が一般的であるため、現地でお金を集めるよりも事前に準備しておくことが重要になります。どの程度のお金が必要になるのかを調べておき、それに応じた計画を練っておくことです。

高校留学では、元々授業料を免除してもらったり、留学先での面倒を見てくれる保護者のような人達が付いてくれることが普通です。交換留学などを行う時には顕著で、オーストラリアにはそういった生徒を受け入れるだけの準備が整っています。特に、ガーディアン制度という生徒が安全に生活ができるシステムはとても秀逸で、勉強に専念できる環境です。ですから、高校留学では事前に費用を計算して免除制度などがあるときには利用できるかどうかも確認しておくことが大切です。

新着情報

◎2023/12/8

情報を更新しました。
>オーストラリアでの高校留学で英語力がかなり高められる
>オーストラリアの高校留学で利用するガーディアン制度
>高校留学でオーストラリアを選んだ場合の卒業後のメリット
>高校留学としてオーストラリアの自費留学する方法があります
>高校留学でオーストラリアに行くなら都市選択は慎重に

◎2022/4/25

情報を更新しました。
>オーストラリアの高校留学するために必要な語学力
>高校留学は治安が良いオーストラリアを選んだ方が安心
>オーストラリアの高校留学の学生寮のおもな特徴
>オーストラリアの高校留学におけるホームステイの特徴とは
>新学期から始めた方が勉強しやすいオーストラリアの高校留学

◎2021/1/13

成績はどれくらい必要か
の情報を更新しました。

◎2020/10/8

留学費用を浮かせるには?
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

留学にかかる費用
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「留学 生活」
に関連するツイート
Twitter

米国ロースクール学費:1100万くらい。 保険:家族分いれて100万くらい 生活費:一年で1200万 教科書:30-50万 NY Bar受験料(旅費込):30万くらい 留学中の逸失利益:これは含めるべきか… とりあえず2,500万円くらいかな。

Travis Japanの留学まとめ (亀梨和也YouTubeチャンネルバージョン) ・留学の金銭事情 →家賃:事務所負担 →語学学校:事務所負担 →ダンスボイトレ:実費 →生活費:実費 *事務所の先輩東山さんや二宮くんから選別としてお気持ちを頂いた

【Podcast New Episode】Ep 60-3 「社会人からの修士課程留学(3/4)~留学生活の振り返り」 第三回では、海外修士留学を振り返ってみて印象的な思い出、苦労話、再び学生として大学院に通うという社会人生活からの変化へどう対応していったかなどについて伺います。

まだ起きてこないな~。私がだいたい5時起きなので、起床時間に6~7時間の差があると生活リズムを合わせるというか食事などを一緒にするのがなかなか大変だ。まあ、娘は昔から夜更かしタイプだけど。それにしても留学先との時差とほぼ同じ差があるなあ。

返信先:よかった!  ドキドキワクワクの留学生活のはじまりだね! いいこといっぱいありますように!